好きな木材について語る(杉編)

コラム 2019/11/10

好きな木材について語る(杉編)

土曜の深夜、とにかく無性に「木材としての杉の好きな所」を書きたくなり、PCを開きました、Foresteanaのmihoiminです。

さて、Foresteanaの木工雑貨で主な材料として活躍してくれている杉の木の板ですが、この子たちについて(個人の見解で)好きな所をただただ語ります。

魅力1:木目が個性的

Foresteanaをはじめる前、ホームセンターなんかで並んでいるのを見ているだけでは気がつきませんでしたが、杉はとにかく木目が面白いです。
ハンドメイド販売をはじめるにあたり、大量の木材を仕入れるようになったのでそれらを1つ1つ見てみると本当に色々な種類の木目と色が見られます。

筋の太さ、色、形、硬さ場所によってずいぶん違います。

驚いたのは、柔らかい部分は軽く曲げるとゴムのようにビヨーンとしなるのですが、硬い部分は曲げるとパキンと割れます。同じ木種なのにこんなに違うのですね。

そんな杉の板は着色すると、なんとも味わいのあるあたたかな風合いになります。

こちらはオイル塗料(リボス )を塗装して乾燥中のところ。
着色するとほっこりカラーになるのがお気に入り。
個性的な木目は見るだけで癒されます。

木工制作をしていると、色々な発見があり、それがまた楽しいのです。
仕入れた板を部屋中に並べてずっと見ていたいです。

魅力2:手に入りやすい

杉やヒノキといった国産の木材は安定して手に入りやすいです。
外国産の木の板も魅力的ですが、ちょっとお値段的にもハードルが高い感じがするのでまだ手が出せません(レーザーで加工できる厚みが市場に出ないという理由のもありますが)

中学生の頃、技術の時間に杉を使い、木工で本立てを作ったのをふと思い出しました。杉は身近な木材。杉の木を使って建築中のお家の前を通ると、ふわっと良い香りがしますよね。

魅力3:レーザーで切断加工しやすい

Foresteanaの雑貨はレーザー加工機で切断するので、杉のような柔らかい方が加工しやすいです。
ただ、杉でも筋の硬い部分がありレーザーが通らず失敗することが結構あります。レーザーの出力を100%にしても焼き切れない困ったちゃんの板も少なからずあるのです。そんなちょっと残念なところも含めて杉が好きです。

そういえば、ホームセンター等で売ってる5mm程度の薄い厚みの板で杉ってあんまり見ないなぁ。(もちろん分厚い杉板はたくさん売ってますが。)
お店で売ってる薄い厚みの板はヒノキやアガチス材、MDFなんかが主流かと思います。杉ももっと市場に出ても良いのに!

魅力4:香りとか、このあったかい感じとか

杉の香りにはリラックス効果があると言いますが、それは当たってるかもしれません。制作で必要な木材を箱から取り出した時の香り、
たまりません。。。(´∀`)

あと、なんか、あったかい感じ。うまく表現できませんが見た目、香り、手触りの全てが良いのです。

そんな杉の魅力を存分に楽しめるForesteanaの杉のコースターを以下でご紹介します!

minneにて販売中の杉のコースターたち


無垢の杉の板を着色せず、蜜蝋仕上げにしているので、色や木目をそのまま楽しめるアイテムです。

よろしければminneのギャラリーものぞいてみてくださいね。

最後に

散々語った大好きな杉の板ですが、冒頭に書いたように「木材としての杉」が大好きなのであって、「杉の花粉」には本当に困ってます。(>_<)
(アイキャッチの花粉を連想させるような杉林画像でドキッとさせてしまっていたらすみません。。。)
毎年ヘビーな花粉症に悩んでいるので、舌下免疫療法でも試してみようかしら。

さて、「好きな木材について語る」は杉だけでは終わりません。
次回はヒノキか、パイン材か。。。また語らせていただきます。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント(0件) ▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

New posts

Category

SNS

  • Twitter Instagram

Foresteanaについて

『森の中のお茶会』をイメージしたハンドメイドの木の雑貨やアクセサリーを工房でひとつひとつ丁寧に製作しています。作品はminneで販売中です。
詳しいプロフィールはこちら ≫